So-net無料ブログ作成

人よりも沢山多くの我慢を [日記]

最近、体のあちこちががたついてしまった。

あれこれやっていたものが唐突に無くなって、やりたいことがなんだったかすら思い出せない毎日で。

人に会う顔を伏せたくなり、同時に、物凄い嫌悪感を覚える。

自分が嫌なんだって思う。



なんとなく、今の自分が大嫌いで、何しても先に進まないことが嫌で。



どっかで道を間違えたって。



過去の自分ばっかり責めていた。



過去も今も、変わってないはずなのに。



どっかから、笑い声がする。
その声に、作り笑顔が大嫌いで、どっか哀しい笑顔しか見せられないことに気付かされた。

笑ってない。

気持ちが凍りついたままで、2年も経った。

哀しかった。
涙が溢れてきても、何の意味もなかった。
それしか、覚えていない。



寒い冬が過ぎてあっという間に秋になって、また泣いた。

一番寒い冬に思えた。

変わったことなど、無いと思っていたのに。
でも、そうしてだろう。
皮膚に感じる感覚は温かくても、どこからか哀しい寒さが襲ってきてどうしようもなかった。











泣きたくても泣けなかった。











誰よりも沢山我慢して生きて。











耐え抜くことが生きることと一緒だった。











でもそれは、いつしか自分を壊していって、壊したくないものまでも壊していった。

思い出はガラス細工みたいに粉々になって、カケラに触るだけでどこからか哀しい血が溢れた。











「もっと、自分のために生きなさい」











そのために我慢しっぱなしで生きて、具合が悪くても耐えて、誰にも頼らないで、何かを守ろうとだけしてた。











無駄な我慢だったかは正直わからない。

今も体を蝕みつづける病魔を呼んだのもこの我慢かもしれない。

でも、生きてる実感は前よりも多い。



自分でいたい。

とにかく、ありのままで。

誰かの人生の中で、輝けたら本当は嬉しいけれど、そんなことは自分がしてはいけないんだとわかった。

償うことも出来ずただ途方に暮れて、また毎日が過ぎて、その度に病魔が明日を削る。


明日はあったとしても、僕に必要だろうか?
そう、思わせるくらいに。






痛みがあっても、どうしようもなくてただ我慢するだけ。

今日もまた、終りきらないままで筆をおく。

正直、何もかもがつらい。

だから、人より多く我慢して。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。